マルチモニター画像映像表示システムのアールシー アールシーへのお問い合わせマルチモニターコントローラーのアールシー

RS232C機器制御ソフト開発

マルチモニターコントローラー(MMCシリーズ)システム開発パソコンソフト開発RS232C機器制御ソフト開発RS232C機器エミュレータソフト開発簡単ボタン(操作性改善機能強化)ソフト
2005/06/04更新21 特定お客様向けサービス
RS232Cインターフェースを使用した機器制御ソフトの開発は、経験豊富な「アールシー」にご用命ください。

つなぐメリット
 パソコンで直接、機器制御を行ったり、データの自動収集ができれば、大幅な省力化、高速化、精度・信頼性の向上が期待できます。
 業務用機器の場合、標準仕様で購入した時点ではインターフェースが付属していなくても、オプションで提供されている場合がよくありますので「この機械、パソコンにつなぎたいんだが」とお考えでしたら、購入先(メーカー)に確認されるか、アールシーにもお気軽にお問い合わせください。

経験とカン
 現在でも多くの業務用機器の制御はRS232Cインターフェース(TIA/EIA-232-E)で行いますが、制御対象機器はWindows周辺機器のように標準化が進んでおりません。仕様書を理解する時は関連知識による内容補填が、機能を引き出すためには経験が、トラブル解決に当たってはカンが必要となります。

接続形態
 歴史の古いRS232Cは規格上の制限をクリアするため多様な接続形態が編み出されております。
 例えば「パソコンとの接続距離を延長」「信頼性の高い通信」「1台のパソコンで多くの機器を制御」「接続ケーブルを細くしたり配線の単純化」「ケーブルなしの接続」などの要求に対応できるようになっています。

接続形態

変身するRS232C
 レガシーインターフェース(過去の遺産)と呼ばれて、パソコン本体からは徐々に消えているRS232Cインターフェースですが、ハードメーカーの工夫により、USB、LANインターフェース経由で今まで同様にRS232Cインターフェース機器が使用できるように変身しています。(多くの場合ソフトウェアはそのまま利用できます。)

進化するRS232C

RS232C機器の電源供給
 小型機器の場合、電源と信号ケーブルを1本にまとめ、パソコン本体から電源を取るようにしますと使いやすく外見上もスマートになります。
  • 機器側がRS232Cコネクタから電源供給を受ける仕様になっている必要があります。
  • このような仕様になっている機器も数多くあります。
  • パソコン本体から電源供給を受けるためには専用ケーブルが必要となります。
  • 専用ケーブルがない場合はアールシーで作成いたします。
リモコンがあれば
 RS232Cインターフェースを持たない機器でも、AV機器などのように赤外線リモコンがついた機器であれば、専用ユニットを介してパソコンで制御することが可能となります。
 ただし、この場合は動作結果の報告を受け取ることができませんので、おもに最終結果を人が見て判断できる用途に適しています。

RS232C機器エミュレータソフト
 業務用機器、特別に作られた機器は、手元で十分な動作確認ができない場合がありますが、アールシーでは、できるだけ機器エミュレータソフトを作成して、実際の機器では確認が難しい条件(滅多に発生しない例外条件、機器が破損してしまうケースなど)を十分確認してソフトの信頼性確保に努めるようにしております。
 また機器エミュレータソフトは納品後のサポート、トラブル原因を切り分ける際に強力なツールとなります。

 >>RS232C機器エミュレータソフト開発


TOP
Copyright (C) 2003-2005 マルチモニター画像映像表示システムのアールシー All rights reserved